1101 長楽寺店舗横.jpg


御菓子所 高八
長楽寺店
〒731-0143
広島県広島市安佐南区長楽寺1-1-44
電話  082-872-3718


2020年12月30日

門松

皆さま、今年も後1日となりましたね。
今年はどの様な年でしたか?
自分はとにかく色々あったなぁとしみじみ感じる今日この頃ですが、良かったと思うのはプールが無かった事です。
492C7D8F-78B2-473C-A5E5-F838F7C5645A.jpg69C52129-8906-433D-9004-1B1EF7C9CDC7.jpgFF9673E0-0D30-4DCA-9D62-D7136587FA60.jpg0EACB567-A297-4B34-959A-1CA13D84A758.jpg2D9F4B88-A485-4352-9AC6-CB4001B6D21A.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

謝罪と自分の話2でした。

最近は更新出来ていませんでした事を、まずは謝らせて頂きます。
誠に申し訳有りませんでした。
ところで、最近皆様方は体調などは、如何でしょうか?
私は、先程も書きました通り腹痛が、隙あらば襲ってきており、ビクビクしながら過ごしています。私は、体質なのでしょうか、インフルエンザの予防接種はしていないのに全くかからないようで、逆に風邪や熱などには良くなるんですね、今年の年末だけは体調に気をつけて過ごしたいですね。お店も忙しくなりますし。
ついでに、
僕はユーチューブのチャンネルを二つ運用しているんですね、片方は基本的に和菓子だけ、
でも、片方は基本的にゲーム実況なんです。
6DA06DDB-DCB5-4A98-81F9-7767D6B9F382.jpg
74式戦車
posted by タカハチ たかいしたかお at 04:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木守

「木守」きまもり・・・ 先日、頂いた柿を「里の秋」 をご紹介致しましたが、今日は練切生地のお菓子で作りました。

田舎の農村では、柿の木から採れる、秋の大自然の恵み(稔り)に 感謝して、柿の実を木に一つ残しておくことで。梢のものを一つ、木守りとして残しておく風趣があるのは、千利休が長次郎の茶碗に、「木守」と命銘したことにもちなむ

“Kimori” momari… The other day, we introduced “Sato no Aki”, but today we made it with sweets made from kneaded dough.

 In rural rural areas, thank the blessings of the great nature of the autumn that can be harvested from oak trees and leave one oak fruit on the tree.  The reason for leaving one of the treetops as a tree guard is that Senri Riyaku named Nagajiro's tea bowl as "Kamomori".

“ Kimori” momari…前几天,我们推出了“ Sato no Aki”,但今天我们用揉面团制成的糖果来制作。

 在该国的农村地区,感谢可以从橡树上收获的野生自然的祝福,并在树上留下一种橡树果实。 之所以要留下一棵树梢的东西作为护树树,是因为千里Riyaku将长二郎的茶碗称为“ Kimori”。
1117 木守り.jpg
後書き
投稿担当の私は、秋から冬への移行期間中が最も苦手でして、まぁ、兎に角、風邪を引きやすいんですが、今年は、腹痛が激しく襲ってきていて、
びっくりしている、今日この頃です www。

Postscript
 I'm the person in charge of posting, and I'm not good at it during the transition period from autumn to winter, and I'm apt to catch horns and colds in rabbits, but this year I've had a severe abdominal pain.
 I'm surprised, it's around this time today www.

后记
 我负责发布,但从秋季到冬季的过渡时期我不太擅长此事。
 我很惊讶,今天大约是这个时候www。
posted by タカハチ たかいしたかお at 04:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

照葉

照葉(てりは)・・・もう時期的ですね。和菓子でよく表現されます。晩秋になって霜がおりるころになると、山々のもろもろの雑木がの葉が、黄色や紅色に美しゅう色をかえる。柿の葉や、万作、櫨(はぜ)、漆(うるし)などなど。

木々の枝の先に、今にも散り落ちそうなさまは照葉の風情の象徴的な場面を思わせてくれる

後書き
皆さま、そろそろ秋が終わりますね。

Teriha ... It's already timely.  It is often expressed in Japanese sweets.  In late autumn, when the frost comes, the leaves of various miscellaneous trees in the mountains turn yellow and vermilion.  Persimmon leaves, Mansaku, Haze, Urushi, etc.

 At the tip of the branches of the trees, the appearance of falling down reminds me of the symbolic scene of Teriha's atmosphere.
 Postscript
 Autumn is about to end, everyone.

Teruha ...已经及时了。 它通常用日本甜点表示。 在深秋,霜冻来临时,山上各种杂树的叶子变黄变深。 柿子叶,万作,阴霾,嬉水等

 在树枝的顶端,似乎随时掉落的外表使我想起Teruha大气的象征性景象。
 后记
 大家,秋天即将结束。
1029 照りは.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

神鈴

5FC98F69-B739-483D-B2C8-B5B95A8564B2.jpg

posted by タカハチ たかいしたかお at 12:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

お祝い

御祝
本日より、広島市安佐北区安佐町久地206-213[瀬戸内ニューハイツ]にて、清風庵さん、が始まります。本日は一般の方に広く解放されていて、一服の抹茶とお菓子でおもてなしが開催されます。
茶道裏千家、華道池坊、着物着付け、教室が、この地で始まります。
この度、私共のお菓子をたくさん。御依頼賜り厚く御礼申し上げます。
日本文化に興味のある方は、是非、清風庵さんまで、

Congratulations
 From today, Seifuan will start at 206-213 Kuchi, Asa-cho, Asakita-ku, Hiroshima [Setouchi New Heights].  Today, it is open to the general public, and hospitality will be held with a cup of matcha and sweets.
 Tea ceremony Urasenke, flower arrangement Ikenobo, kimono dressing, and classrooms begin here.
 This time, a lot of our sweets.  We would like to thank you for your request.
 If you are interested in Japanese culture, please contact Seifuan.

恭喜啦
 从今天起,Seifuan将从广岛市浅田区麻佐町古知市高知市[Setouchi New Heights] 206-213开始。 今天,它已经向公众开放,并且将提供一定量的抹茶和糖果来招待客人。
 茶礼Urasenke,Hanado Ikebo,和服敷料以及教室将在这里开始。
 这次,我们很多糖果。 我们感谢您的要求。
 如果您对日本文化感兴趣,请联系Seifuan先生。
posted by タカハチ たかいしたかお at 17:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

月見団子

  「月見団子」・・・今日は十五夜、仲秋野名月です。残念ながらお天気の方は、あまりよくないようです。昔から、この時期はよ雨が降って、月が見られないことが多く雨名月ともいうそうです。月夜でなくとも秋の夜長に高八の団子を神に供えて、秋の恵みで一杯やるのもいいものです。   私は夜は茶道のお稽古があるので、「芋名月」のお菓子でお抹茶で一服楽しみたいと思います。

"Tsukimi dumplings" ... Today is the 15th night, Mid-Autumn Meigetsu.  Unfortunately, the weather doesn't seem to be very good.  Since ancient times, it has been raining a lot during this time, and the moon is often not seen.  Even if it's not a moonlit night, it's a good idea to offer Takahachi dumplings to the gods during the long autumn nights and enjoy the blessings of autumn.  I have a tea ceremony lesson at night, so I would like to enjoy a cup of matcha with sweets from "Imo Meigetsu".

“月见Danko” ...今天是第15个晚上,中野野夏希。 不幸的是,天气似乎不太好。 自古以来,这期间一直下着很多雨,而且通常看不到月亮。 即使这不是一个月光的夜晚,也是一个好主意,在漫长的秋夜里将高八的饺子献给上帝,并在秋天的祝福下喝一杯。 晚上我有茶道课,所以我想和抹茶一起喝一杯“ Imo Meigetsu”的糖果。
0921 団子.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

おはぎ

 おはぎ(ぼたもち)・・・暑さ寒さも彼岸まで、とよく祖母が言っておりましたが、本当にそうだと想います。彼岸の時期になりました。彼岸なので高八でも明後日やり「おはぎ」を作ります、今日はおはぎのご紹介です。

おはぎの由来は諸説ありますが、萩の餅(萩の花とも)」をいう言葉で近世より見られるようになった語。小豆の粒が萩の花のように咲き乱れるさまに似ているので、「萩の餅」と呼ばれるようになり「おはぎ」となったいわれる。基本的に「おはぎ」と「ぼたもち」は違いは無い、花が咲く季節に合わせて春から初夏にかけて作るのを「牡丹餅」と呼び、秋に作るのが「萩の餅」と呼ぶ。  また、餡をつけたものを「ぼたもち」と言い、黄奈粉をまぶしたものを「おはぎ」と言ったり、こし餡を使ったものを「おはぎ」と定義されることもあるが、地方・時代・お店によって異なる。  お彼岸の時期や四十九日忌明けに「おはぎ」を供えて食べる風習は、古くから赤い色が邪気を祓う色とされたことに由来し、江戸時代頃に始まったとされる。いずれにせよ、根本に「共食信仰」があることは事実で、彼岸に仏前に供え、また親類、近隣にも配る風習が生まれたのです。 

Ohagi (Gotamochi)… The grandmother often said that the heat and cold were even on the bank, but I think that is true.  It was the time of the cluster bank.  Since it is a higan, we will make “Ohagi” the day after tomorrow even in Takahachi, today is the introduction of Ohagi.

 There are various theories about the origin of Ohagi, but it is a word that came to be seen in the early days with the word “萩 の 餅 (also called 萩 no Hana)”.  Because it resembles the blossoming of azuki beans like a camellia flower, it is called “bamboo pod” and it is called “Ohagi”.  Basically there is no difference between “Ohagi” and “Botamochi”. Making from spring to early summer according to the flowering season is called “peony rice cake”, and making it in autumn is called “mochi rice cake”.  In addition, the one with candy is called `` botamochi '', the one coated with yellow noodles is called `` Ohagi '', and the one with koji candy is sometimes defined as `` Ohagi ''. ・ Varies by store.  It is said that the custom of eating with “Ohagi” at the time of the Higan and the retirement of the 49th day originated in the Edo period, because the red color was an evil color for a long time.  In any case, it is true that there is a “cannibalism” at the root, and a custom of giving to the front of the Buddha in front of the Buddha as well as to relatives and neighbors was born.

Ohagi(元町)…祖母经常说,银行的温度和温度都很高,但我认为这是对的。 那是集群银行的时代。 由于是扁hi,所以即使在高桥市,我们也将在后天制作“小ha”,今天是小is的介绍。

 关于小ha的起源的理论有很多种,但是这个词在早期就被人们称为“萩の饼”(也称为“萩no Hana”)。 因为它类似于山茶花般的小豆花的开花,所以被称为“竹荚”,被称为“小ha”。 基本上,“小ha”和“小桃饼”没有区别,从春季到初夏,根据开花季节制作的被称为“牡丹年糕”,秋季的被称为“麻mo年糕”。 另外,加糖的一种被称为``botamochi'',涂有黄色面条的一种被称为``Ohagi'',而加曲香糖的一种有时被称为``Ohagi''。 ・因商店而异。 据说,在希根时代和第49天退役时与“小ha”一起进餐的习惯起源于江户时代,因为红色长期以来是一种邪恶的颜色。 无论如何,确实存在“食人症”的根源,一种习惯就是在佛陀面前以及在亲戚和邻居之间奉献佛陀。
0920 おはぎ.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 11:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

萩の露

うちがお店(商売)をしていなければ、決して再会すること  最近は懐かしい方や久しぶりに会う方が、たてつづけに御来店いただき本当に有難くて嬉しいことです。中学高校が一緒だった同級生や、高校の野球部で同じメンバーだった同級生とは23年振りに再会できました。「ラジオを聞いて来てくださいました」、それに今日もお菓子教室に何度かご参加頂いておりますお客様や、友達ご夫婦など等・・・

うちがお店(商売)をしていなければ、決して再会することがなかったと思います。お店をしていて好かったと思うことの一つです。

If you don't have a store (business), never meet again. It's a real pleasure to be a nostalgic person or a long time meeting person.  I was able to reunite for the first time in 23 years with a classmate who was in a junior high school and a classmate who was a member of a high school baseball club.  “I heard the radio,” and customers who have participated in the confectionery class several times today, friends and friends…

 I would never have met again if we weren't doing business.  It ’s one of the things I loved doing in the store.

如果你没有商店(商业),再也不会见面。成为一个怀旧的人或长时间见面的人真的很高兴。  23年来,我第一次与一位初中同学和一名高中棒球俱乐部成员的同学重聚。  “我听过收音机,”今天几次参加糖果课的顾客,朋友和情侣......

 如果我们不做生意,我再也不会见面了。 这是我喜欢在商店里做的事情之一。
0915 萩の露.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 18:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

尾花

「尾花」おばな(矢筈草、糸芒)・・・ススキのことで山野に自生するいね科の多年生植物で、春に芽を出して夏には三、四尺(一メートル前後)に達する。葉は細長く剣状をなして少し光沢がある。秋ななると、今ごろから段々と色づいていく。これに似た白の横縞(よこしま)のある矢筈草がある。そのほかに、特に細い糸芒などもある。

芒が秋風に揺れる姿には趣があり秋の七草の一つに数えられる。穂のことを「尾花」といい転じて、芒すすきの別名ともなった。

"Ohana" abana (Yaiso grass, Itobuchi) ... Perennial plant that grows naturally in Yamano due to Susuki.  .  The leaves are long and sword-shaped and slightly shiny.  When it comes to autumn, it will gradually color from now on.  There is an arrowhead with white horizontal stripes (Yokoshima) similar to this.  In addition, there are especially thin thread folds.

 The appearance of the eagle swaying in the autumn breeze has a taste and is counted as one of the seven autumn herbs.  The ear turned into “Ohana” and became an alias for Susuki Tsuji.

“Ohana”abana(Yaiso grass,Itobuchi)...由于Susuki而在山野自然生长的多年生植物。它在春天萌​​芽,在夏天达到3或4个鳞片(约1米)。  。 叶子长而剑形,略带光泽。 到了秋天,从现在开始逐渐变色。 有一个带有白色横条纹(Yokoshima)的箭头与此类似。 此外,还有特别薄的螺纹褶皱。

 在秋风中摇曳的鹰的外观有一种味道,被认为是七种秋季草药之一。 耳朵变成了“Ohana”,成为Susuki Tsuji的别名。
0914 芒.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 10:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

稲妻

「稲妻」いなずま・・・今日は暑さが戻って強い日差しかと思えば、曇ったり変な天気でした。それにしても台風の時の雷は「神が鳴る」といわれるくらい、恐ろしいものですね。 気が気でない状況でいした。 稲妻は「稲光、稲の殿」、空中に自然に起こる放電に伴って、空を走る光のことでイナビカリという。 稲妻で害虫が死に、稲が豊作になるというので稲の夫(つま)に見立てたものか。稲妻は秋の夜に雷を伴わずして、ただ雷光のみ走るものをいう。ノンコウ七種の中。 写真の御菓子は外郎生地製の菓銘「白菊」です。先日から菊の御菓子は多く紹介しております。 “Lightning” Inazuma… Today it was a cloudy and strange weather if the heat returned and it was a strong sunshine. Even so, thunder during a typhoon is so terrible that it is said that "God rings". It was a disgusting situation. Lightning is called “Inamikari”, the light that travels in the sky with a discharge that occurs naturally in the air. Is it like a rice husk because the pests died from lightning and the rice became rich? Lightning is a lightning that runs without lightning on a fall night. Among the seven species of Nongkou. The confectionery in the photo is Shirogiku, a confectionery made by Soro fabric. The other day we have introduced many chrysanthemum sweets. “闪电”Inazuma ......今天天气多云,天气异常,如果热量恢复,那就是强烈的阳光。 即便如此,台风期间的雷声如此可怕,据说“上帝响”。 这是一个令人厌恶的情况。 闪电被称为“Inamikari”,是在天空中传播的光,在空气中自然发生放电。 它是不是像稻壳,因为害虫死于闪电而且稻米变得丰富了? 闪电是一道闪电,在秋天的夜晚没有闪电。 在农口的七种中。 照片中的糖果是Shirogiku,一种由Soro面料制成的糖果。 前几天我们推出了许多菊花糖。 0905 白菊.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 13:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

鳴子

   「鳴子」なるこ・・昔、たわわに稔ったお米を鳥獣から守るために、案山子(カカシ)はスズメや猪などを脅すための物ですが、鳴子も同じ目的で使われていたものです。鳴子は、昔は田んぼの稲刈りの時期には、雀などの鳥獣を追い払うために、子供たちに鳥を驚かさせて追い払わせたりとか案山子を立てたりと、色々な工夫をして米を守っていました。その方法の中の一つが、藁(わら)等で作った縄などに鳴子という木製で音を出して脅す器具を多数つけて、遠く離れた小屋から紐を引いて音を鳴らして雀等を驚かして追い払っていた。収穫時期には忙しくても田から目が話せないが、ずっと田んぼの側についていられないので離れた場所からでも扱える便利な道具です。

"Naruko" Naruko ... In the past, Scarecrow was used to threaten sparrows and spiders, etc., in order to protect the rice that was sowed from birds and beasts, but Naruko was also used for the same purpose.  is.  In the past, Naruko defended the rice by various means, such as when the rice fields were harvested, in order to get rid of birds and beasts such as sparrows, and to make the kids surprised and drive them away or to create a scarecrow.  It was.  One of the methods is to attach a large number of wooden instruments that threaten by making wooden sounds, such as ropes made of straw, etc., pulling strings from a distant hut, and playing a sparrow  I was surprised and chased away.  Even if you are busy during the harvest season, you can't speak your eyes from the rice field.

“Naruko”Naruko ......过去,稻草人习惯于威胁麻雀和蜘蛛等,以保护从鸟类和野兽中播种的水稻,但鸣子也被用于同样的目的。 是的。 在过去,鸣子使用各种想法通过收割鸟类和其他动物(如麻雀和其他动物)来保护稻米。 是的。 其中一种方法是附加大量木制乐器,这些乐器可以通过制作木制声音来威胁,例如用稻草制成的绳索等,从远处的小屋拉弦,以及玩麻雀 我很惊讶并且被ー走了。 即使你在收获季节忙碌,也不能在稻田里说出你的眼睛。
1005 鳴子.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

着せ綿 Dressed cotton 穿着棉

 「着せ綿」着せ綿・・・9月9日は九が重なるので重陽(菊の節句)です。5節句の一つで九月九日は、九の数が重なる陽の極みで重九といい、長久に通じるのでおめでたいきわ極みとされる。 上和菓子の表現として、菊を表現する御菓子が多くあります。 陰暦では9月のことを長月、夜長月、菊が咲き始めることから菊咲月ともいう。 陰暦の9月9日の重陽の節句の前夜に、菊花の上に綿を乗せて、その綿に菊の香りと露を含ませた綿で、顔を拭うと、いつまでも美しく若返ると言う伝説にちなんだ御菓子です。古来より女性は若く美しくいたいという気持ちは時空を超えて現代でも変らないものなのです。   着せ綿は、ほかに、着物や身体に菊の香りをつけて、その芳香を楽しんだそうです “Dressing cotton” Dressed cotton… Since 9th of September, it ’s Chengyang (chrysanthemum). One of the five verses is September 9th, which is called the Shigeku, which is the extreme of the sun where the number of nines overlaps. There are many sweets that express chrysanthemums as an expression of Kamiwa sweets. In the lunar calendar, September is called the long moon, night long moon, and the chrysanthemum begins to bloom. On the eve of the September 9th of the lunar calendar, a cotton on a chrysanthemum flower, and a cotton with a chrysanthemum fragrance and dew on the cotton, a legend that it will always be beautifully rejuvenated. It's a candy. Since ancient times, women's desire to be young and beautiful has not changed in space and time. In addition, dressed cotton added a chrysanthemum scent to the kimono and body, and enjoyed the fragrance. “穿棉”穿着棉...自9月9日起,它就是城阳(菊花)。 五节经文中的一节是9月9日,它被称为Shigeku,农历中,九月被称为长月,夜长月,菊花开始绽放。 在农历九月九日前夕,一朵菊花上的棉花和棉花上带有菊花香气和露珠的棉花,这一传说永远都会美丽地重新焕发活力。 这是一个糖果。 自古以来,女性对年轻和美丽的渴望在空间和时间上都没有它是太阳的极端,其中九个重叠 有许多甜食表达菊花作为神谷甜点的表达 https://8723718.up.seesaa.net/image/DFC372D0-2502-430F-A4DB-AF946EB7ED9B-thumbnail2.jpeg
posted by タカハチ たかいしたかお at 09:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

野分

 「野分」のわき・・・日本の農家にとって一年で一番大切な時期がこの頃です。立春から210日目、およそ9月1日か2日ころで、農暦では最も台風に見舞われる季節なので、古来より農家の厄日とされています。

野分けとは、8月から9月にかけて、襲来する台風などの暴風のことで、野の草を吹き分けていくというので、この名があるが、平安時代に「野分」と呼ばれていた、江戸時代には「大風おおかぜ」と呼ばれていて、近代では台風が台湾の方向からくることから台風と呼ばれるようになった。 
 猪もともとに吹かるる野分かな   芭 蕉
  などと、のんきに構えてはいられない、農家にとって古来より大事な時期です。

This is the most important time of the year for Japanese farmers.  On the 210th day from the beginning of spring, about September 1st or 2nd, it is the most affected by typhoons in the agricultural calendar.

 Fielding is a storm like a typhoon that hits from August to September, and the field grass is blown away, so it has this name, but it was called "Nono" in the Heian period.  In the Edo period, it was called “Okaze Okase”, and in modern times it was called a typhoon because the typhoon came from Taiwan.
 分 Nono Kana that originally played in 猪
 It's an important time for farmers since ancient times.

这是日本农民一年中最重要的时刻。 从春季开始的第210天,即9月1日或2日,它是受农业日历中台风影响最大的。

 菲尔丁是一场风暴,就像八月到九月的台风一样,田野草被吹走了,所以它有这个名字,但它在平安时期被称为“诺诺”。 在江户时代,它被称为“Okaze Okase”,在现代它被称为台风,因为台风来自台湾。
 分Nono Kana最初在猪中扮演
 这是农民自古以来的重要时刻。
0904 野分.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

  「茜」あかね・・・お盆休みも早いもので終わってしまいまいた。今日から通常通りの仕事の方も多いと思います。この暑い最中にも関わらず、わざわざ起こし頂きましたお客様には本当に有難く感謝しております。私はお盆の期間中が仕事でしたが、今日からお店の方も、少し落ち着いて一息つくことができます。

0817 茜.jpg

posted by タカハチ たかいしたかお at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

陽明文庫展

宣伝
F70FDCF7-BF45-436B-9627-C5DCAA45C8E0.jpg
9316505C-217B-4EDF-8630-0FD7C9F8A899.jpg

posted by タカハチ たかいしたかお at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

乙女菊

  「乙女菊」・・・菊は9月10月に多く表現されます。種類も本当に多い。菊は百花の王とも言われ10月は特に菊香るよい季節と言われています。

菊は、きく科の多年生草本で一茎一花をつける、高さ一尺(30センチ)余りで、ふつうは栽培によって咲く、その種類も非常に多いのが特徴で、花の色には白・黄・紅・紫など様々で花の大きさから大菊、中菊、小菊、等に分けられる。菊の異名として、千代見草、翁草、齢草、 その他にも沢山ある。

昔から我が国でも愛され親しまれてきた花で、中国でも陶淵明などの愛菊家もいた。高雅な花の姿に各種の美術工芸品に意匠化されている。

"Otome chrysanthemum" ... The chrysanthemum is often expressed in September and October.  There are really many types.  Chrysanthemum is said to be the king of hundred flowers and October is said to be a particularly good season for chrysanthemum.

 Chrysanthemum is a perennial herb of the asteraceae family that has a stem and a flower, is only a little tall (30 centimeters), usually blooms by cultivation, and there are many types, and the color of the flower is white. ・ It is classified into large chrysanthemum, medium chrysanthemum, small chrysanthemum, etc. according to the size of the flower in various colors such as yellow, red and purple.  There are many other names for the chrysanthemum, such as Chiyosomigusa, Sasagusa, Amakusa, and many others.

 A flower that has been loved and loved in Japan for a long time.  It has been designed into various arts and crafts in the form of elegant flowers. 

“Otome chrysanthemum”....菊花经常在九月和十月表达。 有很多种类型。 据说菊花是百花之王,十月被认为是菊花特别好的季节。

 菊花是菊科的一种多年生草本植物,具有茎和花,只有一个高度(30厘米)高,通常通过栽培开花,并且有许多种类的花。  ・根据花朵的大小,分为大菊花,中菊花,小菊花等,颜色有黄色,红色,紫色等。 菊花还有很多其他名称,如Chiyosomigusa,Sasagusa,Amakusa等等。

 自古以来就被日本人所喜爱和爱的一朵花。 它以优雅的花朵形式被设计成各种工艺品。

0825 千代菊.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

木々の露 The dew on trees 树上的露水

「木々の露」きぎのつゆ・・・最近は梅雨があけ本当に暑い毎日が続きます。   写真の御菓子は、そんな晴天続きの時ではない、少ない雨の露が、木々の葉に溜まり、それが水面に落ちる様を表現した御菓子です。

"The dew on trees" Kisui-suyu ... Recently, the rainy season lasts and the hot weather continues. The confectionery in the photo is a confectionery that expresses that less dew dew is accumulated on the leaves of trees and it falls on the water surface.

“树上的露水”Kisui-suyu ...最近,雨季持续,炎热的天气持续。 照片中的糖果是一种糖果,表示在树叶上积累的露水较少,并且落在水面上。
0715 木々の露.jpg
posted by タカハチ たかいしたかお at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

鬼灯

「鬼灯」ほおずき・・・火曜の夜は、茶道のお稽古です。棚を使った薄茶のお点前でした。 写真の御菓子は本日の稽古に持っていった和菓子です。定番といえば定番ですが、この時期に欠かせない御菓子の一つです。

「ほおずき」・・・なす科の多年生植物で、実は袋状の萼(がく)に包まれていて、球状で赤く熟していく。地下茎は薬用として重用される。

ほおずきの実の中をからにして、女の子が口に入れて吹き鳴らすおもちゃとして遊ばれていた。
ほおずき提灯 赤い紙を張った、球状で小さいちょうちん。
現在では、庭や鉢植えなどで栽培されているが、主に鑑賞用として喜ばれることが多い。 
日本各地で、この季節に多くの行事が昔からおこなわれてきている。東京浅草寺の「ほおずき市」は江戸時代から続く歴史あるある行事である。
和菓子の世界では、七月、八月に外郎生地や練切り、こなし等でよく表現されている御菓子です。

"Onishiki" Hoozuki ... On Tuesday night, it is a tea ceremony lesson. It was a point of light tea using a shelf. The sweets in the picture are the Japanese sweets brought to today's practice. Speaking of standard is standard, but it is one of the confectionery that is indispensable at this time.

"Hao-o-zuki" ... A perennial plant of the eggplant family, which is actually wrapped in a bag-like gauze, and becomes spherical and red ripening. The rhizomes are heavily used for medicinal purposes.

It was played as a toy that the girl put in the mouth and buzzed with the inside of the fruit of the mother-in-law.
Spherical small lantern with red paper.
At present, it is cultivated in the garden and potted plants, but it is often appreciated mainly for appreciation.
A lot of events have been held since ancient times all over Japan this season. "Hoozuki City" in Tokyo Senso-ji Temple is a historical event that has continued since the Edo period.
In the world of Japanese confectionery, it is a confectionery that is expressed well in July and August in Toshiro dough, chopped, konesu, etc.

“Onishiki”Hoozuki ......周二晚上,这是茶道课。这是使用架子的轻茶点。照片中的糖果是今天带来的日本甜点。说到标准是标准的,但它是目前不可或缺的糖果之一。

“Hao-o-zuki”......一种茄子科的多年生植物,实际上是用袋状纱布包裹,变成球形和红色成熟。根茎大量用于药用目的。

这是一个玩具,女孩放在嘴里,嗡嗡地笑着婆婆的果子里面。
有红色纸的球状小灯笼。
目前,它是在花园和盆栽植物种植,但它往往主要是为了欣赏。
自本季以来,日本各地都举办了许多活动。东京浅草寺的“Hoozuki City”是江户时代以来一直延续的历史事件。
在日本糖果的世界,是在7月和8月在Toshiro面团,切碎,konesu等表现良好的糖果。
0711 ほおずき.jpg


posted by タカハチ たかいしたかお at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

文月

   「文月」ふみづき・・・陰暦の7月のことです、7月7日は、七夕に寄せるために文などを披露する伝説に基づく「ふみひろげ月」というのを略して「文月」といいます。
もともと陰暦の天の川は現代の新暦では夜空を眺めても見ることは叶いません。

しかし今は街のあつらこちらで短冊に願いをこめて竹笹に供えますね。その風習は古く七夕の夜に娘たちは詩や歌を書いた短冊形の色紙をつるして、裁縫の上達を願ったそうです。恐らく織姫が、日本古事の棚織る姫の伝説に由来しているのに関係しているのでしょうか?   

"Funetsu" Fumizuki: July of the lunar calendar is July 7th, referred to as "Funtsuki", "Fumihiro Getsuki" is based on a legendary legend, sending sentences to Tanabata and so on. It is called.
Initially, even in the night sky, the galaxy of the lunar calendar could not be seen in the modern new calendar.

But now, I want to provide a bamboo basket with blessings in the town. It is said that in the past, girls hanged colorful notes on the night of Tanabata, which read poetry and songs, and hoped that they would succeed in sewing. Maybe Orihime is related to the legend from the ancient Japanese shelving princess?




“Funetsu”Fumizuki:农历七月是7月7日,简称“Funtsuki”,“Fumihiro Getsuki”基于一个传奇的传说,向Tanabata发送句子等。 它被称为。
最初,即使在观看夜空时,现代新日历中也看不到阴历的银河系。

但是,现在,我想在城镇的地方提供一个带有祝福的竹筐。 据说,在过去,女孩们在Tanabata的夜晚挂着彩色纸条,上面写着诗歌和歌曲,并希望他们在缝制方面取得成功。 也许Orihime与源自古代日本搁架公主的传说有关? 
0630 文月.jpg<
posted by タカハチ たかいしたかお at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする